人気ブログランキング |

おっさん達北へ行く

前回の記事からややひと月も経ったなんて、時の進むのが本当に早く感じます。

週末、性格的に馬の合うハンターさんが職場に来て、暇なら道北方面へ行こうヨ、との誘い。
特に予定も無く、「 行くのはいいけどさ、雨なら行かんよ 」と返答。
15日早朝は土砂降りの当地でした…144.png
一度目を覚ましたものの、隣家の屋根を叩く雨音に何処か安堵し二度寝を決め込んだ矢先、ハンターさんから電話。

雨降りだから行かない旨を伝えると、「 じゃ〜ひとりで行って来るわぁ〜 」何て言うものですから…

「 もう〜しょうがねぇなぁ〜、じゃ付き合うヨ〜」と同行を決意するのでした145.png
「 こんな雨降りにむさ苦しいおっさんのふたり旅かよ… 」と。



旅の主旨は、これから道内はエゾ鹿の狩猟が解禁となるのですが、そのフィールド調査( 自分には全く関係無いけど )。
自分的には晩酌の一献と、地の食材を楽しもうというものです。

宿が取れなかったら車中泊。途中途中で寄りたいトコあれば寄って行くスタイルの完全適当プランの放浪旅。
「 ( 私の宿舎前に )着いたよ〜 」と明るいトーンの声が携帯から聴こえてきます。
さぁ、出発です…。





以前の記事でも記しましたが、自分でも自負する程の
「 晴れ男 」





f0377507_11172286.jpeg

「 道の駅 おうむ 」に着いた頃にはすっかりこの天気110.png165.png
オホーツク海沿岸は広くホタテの水揚げ量の多いことから、ホタテをイメージした展望台かと思いましたが、実はコレ、宇宙船をイメージしたものらしいです(笑




そしてこの直後、ヒッチハイクしている青年をピックアップ165.png

彼は釧路の大学生で、夏休みの前半をアルバイトに費やし、その稼ぎで日本一周ヒッチハイクの旅をするとの事。
おっさん達からすると余りに無謀ともいえる旅のプランではあるものの、若さというエネルギーを糧に、そして若い時だからこそ挑戦出来る旅を陰ながら応援するのでした110.png



「 A君頑張れっ❗️ 」


f0377507_18075505.jpeg





我々が道中で予約した猿払村( 最北の村 )で彼と別れ、とりあえずチェックイン。



f0377507_18093793.jpeg

夕食の時間まで付近の牧草地や山岳帯の調査を終え、宿へ帰ります。
宿の向かえにはオブジェが。



f0377507_18122971.jpeg

この左手には大きなホタテの化石。



f0377507_18133382.jpeg

f0377507_18190770.jpeg

f0377507_18193600.jpeg

夕闇迫るなか、宿へ戻り晩酌へ…。



f0377507_18210597.jpeg

これでもかと言わんばかりのホタテづくしの料理。
因みに自分はホタテが嫌いではありませんが、好物という訳でも無いものの、今日の出来事の数々を酒の肴にアルコール摂取は進みます111.png

ローカルな宿泊施設ではありますが、食べてる人の様子を伺いながら、タイミングを見て焼き物や揚げ物を出してくれるのは心憎いところでした♪





明けて月曜、敬老の日。
この日、ハンターさんは日本の最北端へ行った事が無いとの事でしたので、先ずは帰路と反対方向の宗谷岬を目指しました。



f0377507_18290071.jpeg

f0377507_18293512.jpeg

宗谷岬のスタンドで給油。



f0377507_18455977.jpeg

f0377507_18463081.jpeg

ハンドメイドの交通安全御守りと給油証明書。
この界隈では「 最北の◯◯ 」という標識を良く見掛けます(笑



最北の地をあとに…



f0377507_18524033.jpeg

誰も訪れる事の無い様な丘の上、おっさんふたりは誰に気兼ねする事も無く「 幸福の鐘 」をガンガン鳴らしたり…



f0377507_18543047.jpeg

蟹の爪のオブジェを訪れたりしながら…
無事旅を終える事が出来ました110.png

総評
「 案外楽しかった☆ 」





そうそう、
以前、捨て猫を記事にしましたが、



f0377507_18564913.jpeg

仮称 「 タマ 」は、飼い主さんのもとで健康を取り戻し、
こんなにも凛々しい姿になりました113.png

何より何より〜。








人気ブログランキング
Commented by beechann at 2019-09-17 19:27
こんばんは♪

子猫ちゃん、こんなハンサムボーイに成長したのですね!
タマちゃん幸せになって良かった~(´ー`)

紋別から北の、オホーツクを眺めながらの
ゆったりした海岸線走るの好きです(´▽`*)
札幌からはちょっと遠いですが(笑)
Commented by terroir_k at 2019-09-18 09:29
>> beechanさん、おはようございます。
コメント頂き誠に有難うございますm(_ _)m

タマはホント、賢そうでハンサムになった様です。過酷な経験が彼を逞しくし、飼い主の深い愛情がその目に宿っている様に思えます。

オホーツク沿岸線は晴れるととても綺麗ですね〜☆
冬はその様相を大きく変え、流氷の時期には全く違う厳しさを見せてくれます。そうした自然の荒々しい変化を体感するのもまた魅力なんですけどネ♪
by terroir_k | 2019-09-17 19:03 | 日々の雑記 | Comments(2)