備忘録 〜次男坊と男旅〜

進学についての相談と決意表明を自分の口から伝えるべく、そして夏休みのささやかな休息を兼ねて次男坊が私の職場のある道東へ来訪。

折しも昨年の同時期、娘と巡り車の事故を起こしたルートを、リベンジを兼ね逆周りで男ふたり旅。








f0377507_16051564.jpeg

f0377507_16063470.jpeg

f0377507_16073294.jpeg


北見市と網走市の途中の「道の駅 メルヘンの丘」に併設のガーデン。
バラやラベンダー、ポピーや色とりどりの一年草が植栽されており目を癒してくれます。





f0377507_16101863.jpeg

f0377507_16110156.jpeg

雨予報のはずが晴天、向かったのは「博物館 網走監獄」。
多くの宿根草が植栽されており訪れる人々を歓迎。

ドコへ行っても画像を撮る習慣の無い自分は、当然の如く網走監獄施設の画像は無いのです…105.png

大学の時分に訪れた事があり、当時は実に閑散としていた記憶なのですが、施設のクオリティが高くなり結構な観光客の数です。








f0377507_16145758.jpeg







f0377507_16160395.jpeg

サロマ湖の湖畔にある「ところ遺跡の森」。
6〜7世紀に栄えた擦文時代の竪穴式住居群を復元・展示している施設。

とにもかくにも夥しい蚊の猛攻ですぐさま撤退です。







ワッカ原生花園でのサイクリング。
ヒグマ出没の為、サイクリングコースはかなり限定されてました。



f0377507_16463684.jpeg

f0377507_16471213.jpeg
● ナミキソウ

f0377507_16480774.jpeg

f0377507_16484910.jpeg
● 野イチゴ
昨年娘と共に賞味しましたが「すっぺ〜」の一言に尽きましたので今年は遠慮。

f0377507_16492159.jpeg
● エゾフウロ

f0377507_16500394.jpeg
● ハマナス
開花してるのもあれば、沢山のローズヒップを付けているものも。

f0377507_16505351.jpeg

f0377507_16512239.jpeg
● ノコギリソウ
ピンクや白、その中間色っぽいのもあり。
同種なのかは不明です。

f0377507_16514372.jpeg
● ツリガネニンジン

f0377507_16522097.jpeg
枯れてもなかなか絵になるハナウドでしょうか❓



エゾハンショウヅル(クロバナハンショウヅル)というクレマチスの仲間が見られるとの事ですが、真夏に見つけるのは当然無理104.png






f0377507_16525030.jpeg

帰路の途中にはこの地域では珍しくツルの姿。
野性のツルに近付いていく次男坊。
しつこく追い回す次男坊に痺れを切らし羽ばたいて飛び去って行きましたが、飛ぶ姿は優雅で絵になる鳥です。







帰り道ではエゾアザミの群落が。

f0377507_16531508.jpeg

f0377507_16532901.jpeg
● エゾアザミ

アメリカオニアザミより淡い色合いで、野の中ではあまり目立つ事はありません。








数日を共に過ごし会話をした中で彼は何を思い、考え、何を得たのかは定かではありません。
ただ、親として彼の将来に幸あらん事を願うばかりです。








人気ブログランキング
[PR]
by terroir_k | 2018-08-15 19:06 | 日々の雑記 | Comments(0)