流氷輝く海原に

春の気配が少しづつ少しづつ感じられるここ道東。
未だ未だ厳冬の真っ只中なのですが、時折躰が春を感じ取ります。それは陽射しであったり匂いであったり、肌に触れる大気の柔らかさ…。五感が経験則として覚えているのか「春だ〜」と感じさせてくれるのです

「ドライブがてら海で食べれる海藻でも採りに行くか。」

「先ずは腹ごしらえっと。」




蕎麦が好物故、近郊の蕎麦屋を幾つかピックアップ。
何時もは大好きな北見市のそば香 ろあんさんなのですが、今回は同市内の蕎麦切り おぼろ月さんへ。

f0377507_15365477.jpg


おぼろ月さんの蕎麦は大変洗練されており非の打ち所がありません…、きっと何方が召し上がっても高評価の美味しい蕎麦屋さんです。正に優等生の中の優等生。

それ故、私的には同市内であればろあんさんの方へ足が向くのです。
きっと自分は天邪鬼なのでしょう
上品な味より自己主張してくれる味を好んでしまいます

で、何時も記録用に画像取らなければと思い、すっかり忘れるので蕎麦自体の画像は無いのです



お腹がいっぱいになり、車中もポカポカの為少々瞼が重くなってきたかという頃合いで海辺へ到着。

曇天の合間、時折刺す太陽光に遠く流氷が輝いて見えます。

f0377507_16064278.jpg
2017.2.26


以前、接岸した流氷を間近に見たのですが、正直あまり感動しませんでした。「どこから陸地でどこからが流氷なの?」って感じだったのです。

画像ではおもいっきり曇天ですが、太陽光の当たった流氷は何とも言い難い感動に浸れました。
流氷を見学するのであれば、沖の流氷を追いながら知床方面へ向かうと良いと思います。
知床方面へ向かう事によって、やがて接岸した流氷を見れる可能性があります。
その逆ですと、次第に沖へ離れる流氷を観る事になり少々寂しい感じがするかもしれません…。


肝心の海藻採りですが…、



海辺や漁港内の海面は全て凍てついておりました
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
おそるべしオホーツク海!

f0377507_16214956.jpg

f0377507_16224680.jpg

サロマ湖にあっては「大雪原」でしたよっと


後日調べによりますと、オホーツク海には「海明け」というのがあるそうです。要するに「雪解け」の海バージョンとでも言いましょうか。




流氷輝く海原、未だ春は遠い道東の冬で御座います…。







宿根草・多年草ランキングへ
[PR]
Commented by paradiso-norina at 2017-03-05 20:29
terroir-kさま

はじめまして
美瑛と札幌で庭造りを楽しんでいるノリーナです^^
何度か拙ブログに”イイネ”をいただきましてありがとうございますm(--)m
昨年から庭造りを始められたということでさぞ春が待ち遠しいことと思います。
こちらはあっという間の15年でしたがいまだに新しい発見のある庭造りです。
始めた頃は試行錯誤しながら毎日が夢中でワクワクでした。
きっとterroir-kさんもそんな時期なんですね^^
これからどのような庭になるのか楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
(記事に無関係のコメでごめんなさい&リンクさせていただきました)
Commented by terroir_k at 2017-03-06 11:26
ノリーナさん、はじめまして、そしてコメント誠にありがとう御座います。

美瑛と札幌での庭づくり、羨ましい限りです。
全く庭を想定していない場所への挑戦だけに、殊更今年は春を待ち遠しく感じております。

美瑛の冬も厳しいとは存じますが、道東地区のこの場の冬は、同じ道内でも明らかに札幌のそれとは異質です。無事越冬してと今からドキドキしてます。

ノリーナさんをはじめ、他の方のブログを参考にして少しでも形にしたいと願うばかりです。


こちらこそ是非よろしくお願い致しますm(_ _)m




by terroir_k | 2017-02-28 16:28 | 日々の雑記 | Comments(2)