はじめに

2016年夏、職場と国道に挟まれた殺風景なスペースに花庭を作ろうと思い経ちました。



そこは、時折お隣りのお父さんが除草作業してくれてはスッキリするものの、誰の目にも留まらぬただの雑草畑。
勿体無い位の空きスペース。
折しも鉢植えで育てていたバラのマチルダが週末の度に水切れをおこさせてしまう為、どうしたものかと思案していたところです…。

思いは錯綜する事無くマチルダの地植えへと進みました。しかし事はスムーズに運ばず、植え付けを目論んだそのスペースは掘れば大小石ころだらけの荒れ地。
植え付け用の穴掘りに5時間も費やしたのです。
植え付けというより、それはもう開墾。



短い北国の夏の炎天下、心の着火剤としては十二分な暑さ。

『 往来する人の目に留まる庭を作ってやる! 』

そうこうして晩夏までに幾つかの苗を植え付け、花庭づくりが始まりました。


f0377507_09240018.jpg



当地は北海道の中でも寒冷地帯に属し、厳冬期には氷点下20度を超える事もしばしばあり、
表記上のハーディネスゾーンナンバーは5ですが、体感上4表記でも納得ゆく地にあります。

ですので、耐寒性の強い品種の植栽がメインとなりますが、果たして無事越冬し春を迎える事が出来るかどうかは手探り状態。

また夏季にしても北海道特有の湿度が低くカラッとした気候ではありますが、30度を超える日も珍しくありません。

蝦夷梅雨と呼ばれる湿度の高い日の続く事もあります。本州然とした本格的な梅雨が無いのは幾許か有利な点でしょうか。


今迄菜園をはじめ、バラやハーブ、宿根草から小果樹まで色々育てた経験はあるのですが、当地の気候・風土では初心者。
予期せぬアクシデントや植物相手に上手くいかない事も多々あるでしょう。

「こんなに綺麗に咲きましたよ。」的な画像blogでは無くて、むしろ失敗を糧にした経験やそこから生まれるノウハウを記録していこうと思っております。
( 勿論、上手くいった折はこれ見よがしに自慢したい所存ですが…003.gif)



このブログがどれ程の方の目に留まるかは存知ませんが、ベテランの方であれば気になった点は是非ご指摘・ご教授下さい。

これから宿根草をはじめとした植物を育てようと思っている方、育てはじめた方、質問・情報交換は多いに歓迎です。





自分の記録ブログではありますが、ささやかながら思いや情報を共有出来ればと思っています…。













人気ブログランキングへ



宿根草・多年草ランキングへ
[PR]
by terroir_k | 2017-10-01 10:10 | はじめに