はじめに

2016年夏、職場と国道に挟まれた殺風景なスペースに花庭を作ろうと思い経ちました。



そこは、時折お隣りのお父さんが除草作業してくれてはスッキリするものの、誰の目にも留まらぬただの雑草畑。
勿体無い位の空きスペース。
折しも鉢植えで育てていたバラのマチルダが、週末の度に水切れをおこさせてしまう為どうしたものかと思案していたところです…。

思いは錯綜する事無くマチルダの地植えへと進みましたが、事はスムーズに運ばず、植え付けを目論んだそのスペースは掘れば大小石ころだらけの荒れ地。
植え付け用の穴掘りに5時間も費やしました。
植え付けというより、それはもう開墾。


短い北国の夏の炎天下、心の着火剤としては十二分な暑さ。

『 往来する人の目に留まる庭を作ってやる! 』

そうこうして晩夏までに幾つかの苗を植え付け、花庭づくりが始まりました。


f0377507_09240018.jpg



当地は北海道の中でも寒冷地帯に属し、厳冬期には氷点下20度を超える事もしばしばあり、
表記上のハーディネスゾーンナンバーは5ですが、体感上4表記でも納得ゆく地にあります。

ですので、耐寒性の強い品種の植栽がメインとなりますが、果たして無事越冬し春を迎える事が出来るかどうかは手探り状態。

また夏季にしても、北海道特有の湿度が低くカラッとした気候ではありますが30度を超える日も珍しくありません。

蝦夷梅雨と呼ばれる湿度の高い日の続く事もありますが、本州然とした本格的な梅雨が無いのは幾許か有利な点でしょうか。


今迄菜園をはじめ、バラやハーブ、宿根草から小果樹まで色々育てた経験はあるのですが、当地の気候・風土では初心者。
予期せぬアクシデントや植物相手に上手くいかない事も多々あるでしょう。

「こんなに綺麗に咲きましたよ。」的な画像blogでは無くて、むしろ失敗を糧にした経験やそこから生まれるノウハウを記録していこうと思っております。
( 勿論、上手くいった折はこれ見よがしに自慢したい所存ですが…003.gif)


このブログがどれ程の方の目に留まるかは存知ませんが、ベテランの方であれば気になった点は是非ご指摘・ご教授下さい。

これから宿根草をはじめとした植物を育てようと思っている方、育てはじめた方、質問・情報交換は多いに歓迎です。


自分の記録ブログではありますが、ささやかながら思いや情報を共有出来ればと思っています…。













人気ブログランキングへ



宿根草・多年草ランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-10-01 10:10 | はじめに | Comments(0)

新入りさん達

先ずは苗を植え付ける為の苛酷な開墾作業の様子。

f0377507_16143656.jpg

大きな石塊は手で避け、細かな石と土は篩にかけます。
当然、石塊の分土が減る訳ですから、赤玉土6、腐葉土3、鹿沼土1の適当配合に、土をアルカリ性にしたい時は乾燥鶏糞をこれまた適当に配合し、元の土と混ぜ込みます。

画像の作業はこの庭のメインとするべくエゾクガイソウを定植する為のもので、大型の宿根草ですから広く深く掘っています。

株張りは1m程度になる様ですが、成熟してこの大きさになるまでは数年かかるでしょう。
それまでは空いたスペースにも少し植え込むつもりです。

f0377507_16283179.jpg
●エゾクガイソウ
将来、この花庭のメインとなるべくお方。



側には今回も大森ガーデンさんのご厚意で頂いた
f0377507_16292636.jpg
●ゼラニウム ファエウム マーガレットウィルソン

↓は昨秋植え付け、本日開花した同じファエウムの黒花。
f0377507_16344050.jpg
俯いて咲くので撮り難い😱
オープンガーデンでも幾つか花を付けてましたので、割と開花期の早い宿根草ですね。



そして…
f0377507_16353763.jpg

f0377507_16355947.jpg
●タイム ロンギカウリス
この方の使命は雑草帯の占拠です‼️



将来的にメインの宿根草として使いたいと思っている
f0377507_16373419.jpg
●ネペタ ウォーカーズロウ



以前からお迎えしたかった
f0377507_16392114.jpg
●カンパニュラ ラクティフローラ ロドンアンナ
薄くピンクの入るラクティフローラです。



最近気になっていた
f0377507_16413047.jpg
●サルビア プラテンシス マドリン
これ、マドレーヌとかメイドリーンとか幾つか呼称がありますね❗️
自分的にはマドレーヌがしっくりくるのですが…。



フロックス ディバリカータ ブルーパフュームが気に入ってしまい、違うタイプのフロックスという事で、
f0377507_16463308.jpg
●フロックス ディバリカータ モントローズトリカラー



庭に蝶々を呼びましょうよ…
f0377507_16483308.jpg
●セダム フロスティーモーン( 斑入りベンケイソウ )
ホントに蝶々が来るのか😳❓



そして今週の〜、
HC買っちゃいましたシリーズ…
f0377507_17222910.jpg
●アレナリア モンタナ

f0377507_17231905.jpg

多分この花だと思うのですが、近所のオープンガーデンや他所様の庭先で群生してるのを見て、ついつい手が…😭



f0377507_08434619.jpg

f0377507_08440520.jpg
↑ 【追記】5/23
ご近所さんのアレナリアらしき花を撮影してきましたが、どうやら別種の様ですね。
観察するに、同じナデシコ科の植物に見え、こちらの方がよりナデシコに似た草姿。
アレナリア モンタナと比較するとより立性が強く、花姿は明確に異なり、花弁はよりシャープで明瞭な筋が入り、何よりその弁先には切込みがあります。
夏雪草( セラスチウム)と判明❗️


アレナリア モンタナはナデシコ科の耐寒性多年草。北半球の亜高山帯から高山帯に分布する高山性植物で、夏の暑さは苦手なものの強健で寒さにはめっぽう強いとの事。



以上を約6時間かけて定植。
最後は日頃の運動不足を露呈するかの様に、ツルハシを振り下ろす事が出来ませんでした。

植え付けたものは全て耐寒性が強く、主にマルチングせずとも越冬可能とされる植物達です( 中にはマルチングした方が安全なものも含まれます )。
ゼラニウム ファエウム黒花( 黒花フウロ )の様に越冬して花を付け、この地での植生サイクルを把握出来れば安心です。

まだまだ植えてみたい草花はありますが、そろそろスペースが手狭になってきました。
昨日の作業中もエリゲロンを2回、ペロフスキアを1回踏んづけてしまいました(汗
今朝見たところ大丈夫そうでしたが…


日中の最高気温はかなり上がりはするものの、日によって夜間は一桁代の気温が続きます。
北海道でも特に冷涼な気候の当地。
これから初夏に向けどれ程成長してくれるか、愉しみは募ります♪





宿根草・多年草ランキングへ

[PR]
# by terroir_k | 2017-05-22 19:01 | 宿根草 | Comments(2)

f0377507_12083174.jpg
昨秋植え付けたエリンジューム ビッグブルー。
とてもゆっくりとですが確実に成長しています。



ドラマ「風のガーデン」で緒形拳演じる、貞三先生の付けた花言葉「大天使ガブリエルのしょくざい」。
てっきり『食材』と認識していたのですが間違いでした😅
正しくは『贖罪』。

f0377507_12165079.jpg

庭に植えてある植物達の中で、エリンジュームとエキノプスは葉先に棘があり不用意に触れるとチカチカします。

おおよそ「食材」向きではないのでしょうけれど、逆に「食材」の方が面白味あるなんて思ったり…😊

因みに、大天使ガブリエルの贖罪という花言葉はエリンジューム全般を指すのでは無く、エリンジューム プラヌム フルエラという品種の花言葉。

品種別に花言葉が設けられているのですが、ビッグブルーはありません。

ドラマ放映から彼此時が経ちましたので、今回古本屋で入手したこの本も経時的影響なのか破格値でした♪

今では見かけなかなった品種なんかもあり、時が経った事を認識させてくれます。



f0377507_14200474.jpg
●黒花フウロ


f0377507_14212019.jpg
●ジギタリス タプシー


f0377507_14220503.jpg
●バーバスカム ビオレッタ


f0377507_14230405.jpg

f0377507_14232497.jpg
●最初から庭に居る住人さん


f0377507_15115401.jpg
●ゴールデンレモンタイムだったかな❓
所々ハーブとか紫蘇とか育ててますが、自分で口にするものを植えて農薬を使わない為の戒めにしてます。


f0377507_14243798.jpg
●気の早いルピナス
隣の可愛いお婆ちゃん曰く、ルピナスでは無くノボリフジだそうです(笑
ルピナスの和名がノボリフジだよって…、面倒くさいので言いませんでした。笑顔でウン、ウンしました。


ここ数日、当地は30℃近い気温。
暑さで人は参っても、植物達には良い成長促進剤なのでしょう…。





宿根草・多年草ランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-20 14:28 | 宿根草 | Comments(0)

大森ガーデンさんの苗

オーダーしていた大森ガーデンさんの春苗が到着。


f0377507_12153251.jpg
生粋の道産子苗です😊✨


本州の苗ですと既に蕾が付いたり花が咲いたりと、北海道の植生とは大きく異る苗が届いたりしますがその点の安心感は違います。

昨秋はじめて大森ガーデンさんの苗を入手した折、「地上部が華奢でその割に随分根廻りの良い苗だなあ〜、でもこの苗で冬越せるの?」というのが率直な感想でした。

しかしその苗達は全て健全に越冬。
大森ガーデンさんの苗は越冬率100%という結果です。

f0377507_12471830.jpg
こちらはカンパニュラ ラクティフローラ ロドンアンナさん。



f0377507_12505423.jpg
これはフロックス ディバリカータ モントローズ トリカラー。


そして今回、花庭のメインとするべくオーダーしたのがベロニカストラム シビリウム バリエゲーション エゾエンス(長っ❗️

要するに、ベロニカのバリエーションのひとつのエゾエンスという品種。

つまり…、エゾクガイソウの事😄
北海道に自生している山野草です。

高さは最大で200cm、株張りは100cmになる大型のランドスケーププランツ(景観形成植物)がコレ↓

f0377507_13585793.jpg
思ってたより小さい…な😅


でも良いんです。既に大森ガーデンさんの苗の底力は実証済み。
かの有名な富良野の「風のガーデン」にも苗の供給をしたナーセリーですもん。


都合9品種14鉢。
今週末は全て穴掘り作業確定です(白目










人気ブログランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-17 14:22 | 宿根草 | Comments(2)

ルピナス

近所のHCでは野菜や多くの花苗が出揃ってきています。
週末ともなると苗コーナーは多くの人でごった返しますが、かくいう自分もその内の一人😅
寧ろレギュラーメンバーでしょうか…。

新たな苗をお迎えしても、苛酷な穴掘り作業が待ち受けますので「見るだけ、絶対見るだけ。」と自分に言い聞かせているのですが、結局帰りにはHCのビニール袋を携えてルンルン♪気分😊✨

今回ルピナスをお迎えする運びとなりました。



ルピナスといえば、北海道では野生化して彼方此方で見かけるポピュラーな草花。河原の土手や道端など至る所で見掛けます。

f0377507_13071900.jpg
近くの林道縁にもこの群落。これ全部ルピナスの株‼️


f0377507_13083017.jpg
立派な大株も随所に。


f0377507_13094915.jpg
中にはシックな色合いの株も。



掘り起こして移植も計画しましたが、先ず現状では咲く花色が分からない事、根が図太く結構な深さまである為多大な労力が強いられる事、植え付けの穴掘りもそれなりの深さを必要とする事などから移植計画は断念( 要するに酷く面倒 )。


ルピナスは「移植を嫌う」植物の様ですが、その昔義父が何処からとも無く抜いてきて自宅庭に植え付けたものは難無く根付きました。
その後どんどん庭を侵食していくので、全て引っこ抜いたのですがタンポポの根の巨大版の様な根は抜くのも大変です。


なのでルピナス自体あまり興味はありませんでしたが、今回の苗はその花色が以前から気になっており、偶然その品種を見付けてしまったので、極自然な流れで購入苗を選抜している自分が居ました😄


f0377507_14370373.jpg
↑充分に苗選びしましたが、自生しているwild株と比較しますと明らかに貧相ですね😅


真っ赤な花色のルピナス。
ギャラリーシリーズのラベルの赤花ですから、ギャラリーレッドとして流通する品種でしょう。
職場前の花庭のアクセント用です。

この色合いなら少々増えて欲しい位。


今週の開墾作業を考えると今から背中が痛くなりそう〜
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)






人気ブログランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-16 14:45 | 宿根草 | Comments(4)

冷たい桜流しの雨も落ち着いた午後。
庭の植物達には過酷だったと思いきや、逞しく天からの恵みを吸収し成長の糧とした様です。


昨秋、期待を込めて植え込んだにも関わらず、当地の冬を越したのは3株のうちの1株のみ。
しかも残ったその株も、ややもすると枯れてしまうのでは?といった状態でした。

f0377507_15385211.jpg
2017.4/17


そして本日の様子が…

f0377507_15131411.jpg

ここまでくれば一安心でしょう😄👍
凍害による自然摘芯で分枝を伸ばし成長を続けてます。



f0377507_15182608.jpg
HC産の小型ペロフスキア( ロシアンセージ )や


f0377507_15204540.jpg
大森ガーデン産のペロフスキア


f0377507_15215016.jpg
昨年HCで瀕死の状態で安売りされてたこの子も…( まさか宿根して越冬するとは思いませんでした! )。




瓦礫まみれの庭が、何と無く湧き立つ力に漲っている様にも感じさせてくれます。

さて、週末は再び庭の穴掘りの予定です😅
大森ガーデンさんに発注した苗の植え床確保。

新しい春苗達をお迎えの予定です。











人気ブログランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-12 15:28 | 宿根草 | Comments(2)

2017.越冬 マチルダ

バラ達の越冬において、実は最も意外だったのがこのマチルダさんでした。
イングリッシュローズ達が結構なダメージを受けているのを他所に元気そうです。


f0377507_23130455.jpg
5/2の様子。

枝先こそフリーズダメージで剪定しましたが、すこぶる元気な姿です😄✨
世界中で愛されている、所謂「定番品種」と呼ばれているものの強みでしょうか?
何れにせよ、たまたま当地の厳冬期を乗り越えられたという感じでは無さそうです。


去年沢山の花を付け、目を楽しませてくれたマチルダさん。
凛としてチャーミングな花を付けるその姿が今から楽しみです😄



『 なぜマチルダをさん付けするか…?、ファーストガンダム世代の男子なら分かるはず・謎 』









人気ブログランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-04 20:51 | バラ | Comments(0)

ガウラ ソーホワイト

昨秋ガウラ リンドヘイメリイを植栽しましたが、やはり越冬出来なかったと結論付けました。


f0377507_16031755.jpg
↑リンドヘイメリイを植え込んだ際の様子です。
とても元気な苗でしたが、掘り起こしてみますと全く根が廻っておりません。

要するに、植栽から全く根が成長していないのです。
これでは到底冬は越せません。

ガウラに限らず当地での耐寒性云々の前に、越冬の準備が出来ていなかった…、そう判断に至りました。



近所のHCに苗木が入荷したので見にいったところ、丁度ガウラが…😄✨
即購入です♪


f0377507_16161251.jpg
真っ白な花の付く品種…だったと思います。
( HC苗はラベルと違う品種だったりしますので確定ではありません )

かなりボリュームのある立派な苗ですが、お値段はお財布に優しい設定。



これからシーズンを通して充実してくれれば、根廻りも問題無いでしょう。
ただ、大森カントリーガーデンさんのカタログを見るに、ガウラは思った程強い耐寒性では無いようですので、-5℃以下になる前にマルチングして対処したいと思います。






人気ブログランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-02 16:45 | 宿根草 | Comments(0)

春苗としてお迎えしたペンステモン グランディフロラス。

徒長気味?なのか、かなり大型化するペンステモンらしいので単に成長速度が早いのか、見る見る伸びていってます。



f0377507_13101217.jpg

ひとつは花穂をそのままにして植え付け。



f0377507_13111757.jpg

もう一つは花穂をチョッキン✂️して植え付けました。

ペンステモンらしく無い葉っぱで、サヤエンドウを彷彿させます。




以下、おぎはら植物園さんより引用

■ 学名 Penstemon grandiflorus
■ ゴマノハグサ科(オオバコ科)
■ 宿根草(耐寒性多年草)
■ お届けの規格
9から10.5cmポット苗
■ 主な花期 : 初夏
■ 草 丈 : 1m前後
■ 耐寒性 : 強
■ 耐暑性 : 強
■ 日 照 : 日向、やや半日陰
■ 代表的な原産地 : 北アメリカ

背が高くなり、花も大きい大型のペンステモン。大輪で透明感のあるラベンダー色の花はシルバーの葉色と調和し、とても美しい。冬も常緑でカラーリーフとしても楽しめる。


~担当スタッフのコメント~

十数年前にこの花を初めて咲かせたときに、こんなに美しいペンステモンは見たことがないと興奮した記憶があります。
周年シルバーで青みがかったような葉や茎、花は大きく見事であり、しかも葉色にマッチするクリアなラベンダー色、と非の打ちどころのないペンステモンで、しかも見た目が良く改良された品種ではなく、原種である、という点にも驚かされました。
それ以来、何度か栽培に挑戦しましたが種の発芽が悪くたくさん作れず、直売店のみの少量販売でしたが、このほど2016年より、ようやく通販にて販売できることになりました。
性質は丈夫ですが、高温多湿を嫌いますので水はけの良い用土を使うか、多湿にならない場所を選びます。
水はけが良くても、痩せ地では株のボリュームが出にくい傾向がありますので、水はけ良く、かつ肥沃な土壌で育てます。肥料は適度に緩効性のものを与えると生育が良いです。








[PR]
# by terroir_k | 2017-05-02 13:20 | 宿根草 | Comments(0)

昨秋、もっとも期待を込めて植え込んだバラの苗木。
皮肉にも冬季のダメージをもっとも受けたのがこの苗木です。

デビッドオースチンのイングリッシュローズとはいえ、一律当地の厳しい冬を乗り越える程の強い耐寒性は無く、ハーディネスゾーンナンバー5で積雪のある地域では成育の難しい品種である様です。


先週までは全く生命感が感じられませんでした。
「 代替を考えなきゃなぁ〜😭 」そう思っていたのですが、



f0377507_12352640.jpg
右側の枝に見える『 希望 』。



f0377507_12374622.jpg


希望を託し、このまま成長を見守りたいと思います。
出て来た芽が下向きだなんで…😞





薔薇(バラ)ランキングへ
[PR]
# by terroir_k | 2017-05-02 12:48 | バラ | Comments(0)